ダイハツデカデカベースの新車種とは?

東京モーターショーにコンセプトカーとして発表されたダイハツのデカデカ。軽自動車最大サイズを誇っており、全高180センチ以上の背の高いシルエットが話題を集めました。また観音開きのドアのために乗り降りや荷物の出し入れがしやすいと評判で、正式な発売が待たれていました。

そのデカデカがこのたび、「ウェイク」としてダイハツから発売されることが決まりました。発売日は2014年11月10日。現在は先行予約が行なわれています。

気になる変更点ですが、観音開きがスライドドアになった以外は細かなデザインの調整以外はそれほど変わっておらず、高い全高はそのまま残されています。広い車内が実現されており、ダイハツでは「ウルトラスペース」のキャッチコピーとともに、多彩なシートアレンジや広い荷室などがクローズアップされて紹介されています。車体価格は130万円程度と予想されており、タントなどとそれほど変わらない価格で購入することができます。
Contine reading

スイフト値引きの方法とは?

スイフトはスズキが発売しているコンパクトカーです。道の狭い日本においてコンパクトカーは重要や役割を果たしており、各メーカーとも主力に置いて市場にさまざまな車種を投入しています。そのため競争が激しくなっています。

その中でもアクアやフィットは売り上げが好調です。そのためスズキは対抗するために他とは一味違う、走行性能とユニークさを重視したスイフトを投入して起死回生を図っています。もともと軽自動車の強いスズキですが、普通自動車でも市場の切り崩しを狙っているのです。

走行性のが高いといっても燃費性能は申し分なく、ガソリンエンジンとしては十分な値を誇っています。なので人気が出てもいいとは思うのですが、現状ではアクアなどの牙城を崩すにはいたっていません。そのため値引き幅は大きくなりがちなので、きちんと交渉していくことで割引価格でスイフトを購入できます。

ポイントとしては、異資本のスズキディーラー同士の競合です。アクアやフィットは値引き幅が大きくならないので、スイフトのライバル車としては不適合です。なのでスイフト同士を競合させるのがベストなのです。
Contine reading

お七夜はどうやって祝う?

お七夜は名づけを祝う宴です。なのでまず命名式を開催し、そのあとに参加者みなで会食をする流れになります。

お七夜にはお赤飯がつきもので、あとは刺身や尾頭付きの魚が並べられます。

お七夜はちょうどお母さんが退院してくるタイミングなので、おおがかりなものはしません。親戚のなかでも、両家の両親や祖父母を招いて食事しながら談笑する程度でかまいません。お母さんは退院したばかりで食事をつくることもできないでしょうから、出前を頼むのでよいでしょう。

また、お母さんは疲れているので、ちょっと宴に顔を出したらすぐに別室で休んでしまっても大丈夫です。無理にお客さんたちの相手をする必要はありません。赤ちゃんも大勢の前では緊張してしまうでしょうから、命名式が済んだらお母さんと一緒に休ませてあげましょう。

なんでお七夜をするのか?

赤ちゃんが生まれてから7日後に名づけのお祝いをするのがお七夜です。赤ちゃんの健康を願って祝いの宴を行います。「名づけ祝い」と呼ぶこともあります。

昔は、3日目、6日目、7日目などのいずれかに、3日祝い、お七夜などの祝宴を開いていました。しかし、時が過ぎて、一番多数派だったお七夜が残ることになり、今でも続いています。

かつては赤ちゃんの名前は集落の長老や住職が決めたり、親戚で相談して決定していました。そして、名前が決まったらお七夜として祝宴を開いたのです。

今はお七夜をすることもあまりないようですが、東北や名古屋ではなごりが残っています。