お七夜はどうやって祝う?

お七夜は名づけを祝う宴です。なのでまず命名式を開催し、そのあとに参加者みなで会食をする流れになります。

お七夜にはお赤飯がつきもので、あとは刺身や尾頭付きの魚が並べられます。

お七夜はちょうどお母さんが退院してくるタイミングなので、おおがかりなものはしません。親戚のなかでも、両家の両親や祖父母を招いて食事しながら談笑する程度でかまいません。お母さんは退院したばかりで食事をつくることもできないでしょうから、出前を頼むのでよいでしょう。

また、お母さんは疲れているので、ちょっと宴に顔を出したらすぐに別室で休んでしまっても大丈夫です。無理にお客さんたちの相手をする必要はありません。赤ちゃんも大勢の前では緊張してしまうでしょうから、命名式が済んだらお母さんと一緒に休ませてあげましょう。

なんでお七夜をするのか?

赤ちゃんが生まれてから7日後に名づけのお祝いをするのがお七夜です。赤ちゃんの健康を願って祝いの宴を行います。「名づけ祝い」と呼ぶこともあります。

昔は、3日目、6日目、7日目などのいずれかに、3日祝い、お七夜などの祝宴を開いていました。しかし、時が過ぎて、一番多数派だったお七夜が残ることになり、今でも続いています。

かつては赤ちゃんの名前は集落の長老や住職が決めたり、親戚で相談して決定していました。そして、名前が決まったらお七夜として祝宴を開いたのです。

今はお七夜をすることもあまりないようですが、東北や名古屋ではなごりが残っています。