ダイハツデカデカベースの新車種とは?

東京モーターショーにコンセプトカーとして発表されたダイハツのデカデカ。軽自動車最大サイズを誇っており、全高180センチ以上の背の高いシルエットが話題を集めました。また観音開きのドアのために乗り降りや荷物の出し入れがしやすいと評判で、正式な発売が待たれていました。

そのデカデカがこのたび、「ウェイク」としてダイハツから発売されることが決まりました。発売日は2014年11月10日。現在は先行予約が行なわれています。

気になる変更点ですが、観音開きがスライドドアになった以外は細かなデザインの調整以外はそれほど変わっておらず、高い全高はそのまま残されています。広い車内が実現されており、ダイハツでは「ウルトラスペース」のキャッチコピーとともに、多彩なシートアレンジや広い荷室などがクローズアップされて紹介されています。車体価格は130万円程度と予想されており、タントなどとそれほど変わらない価格で購入することができます。

値引き状況は新車種ということもあってほとんど期待できず当面はウェイクの値引きはよくて一括割引となりそうです。そのため値引き相場は5万円程度、限界値引きはオプションあわせて10万円いかない程度となるでしょう。

コメントを残す





*

Menu

HOME

 TOP