なんでお七夜をするのか?

赤ちゃんが生まれてから7日後に名づけのお祝いをするのがお七夜です。赤ちゃんの健康を願って祝いの宴を行います。「名づけ祝い」と呼ぶこともあります。

昔は、3日目、6日目、7日目などのいずれかに、3日祝い、お七夜などの祝宴を開いていました。しかし、時が過ぎて、一番多数派だったお七夜が残ることになり、今でも続いています。

かつては赤ちゃんの名前は集落の長老や住職が決めたり、親戚で相談して決定していました。そして、名前が決まったらお七夜として祝宴を開いたのです。

今はお七夜をすることもあまりないようですが、東北や名古屋ではなごりが残っています。

コメントを残す





*

Menu

HOME

 TOP